弘学館での生徒達の成績の「のびのび状況」を報告するページです。

 <模試で点が取れる実力を養成>→ゴールから逆算して今やるべき事をやる!

 弘学館の学習内容は難しいので「塾の授業についていくのが大変なのではないか」と言われることがあります。しかし、「入学試験」に勝ち抜いて「合格」を手に入れることが最終目標であるかぎり「そこから逆算した学習内容」は絶対必要なもののはずです。つまり、教科書レベルのみで授業を終わらせずに、中1でも中2でも学習した内容を確実に「入試レベル」まで解けるように各単元ごとに徹底して学習していく姿勢を貫いています。したがって、入会した当初は、内容もレベルもちょっとびっくりすることがあるかもしれませんが、中3になり模試を受けてみたとき、必ず「やっておいてよかった」と思ってもらえるはずです。これこそ、定期試験より模試の成績の方がいい結果が出せる秘密です。

 <偏差値を5上げてワンランク上をねらう学習>→今の成績で自分の将来を決めない!

 弘学館の「青森県 全県テスト」の平均点は、青森県の平均点より高くなっていますが、弘学館では入塾に際し選抜テストは実施していません。やる気さえあれば生徒の成績は必ずぐんぐん伸ばすことが出来るからです。毎年7割前後の生徒が弘前高校に進学しており、他の生徒もほとんど弘前中央高校や弘前南高校などの進学校への進学となっています。春の模擬試験で、偏差値55以下の成績の生徒でも、弘前高校合格を可能にしているのは、しっかりしたデータ管理と個別に対応した成績フォロー、講習やテストゼミなど計算され尽くした成績アップのしくみがあるからです。志望校合格のために何をすればいいのかすべて教えます。偏差値を5上げる、目標高校をワンランク上に設定できるようにする。これが弘学館の目標です。

 <目標は合格のその先の未来>→勉強は自分の将来の夢をかなえるため!

 自分が余裕でついて行けるような内容の学習は確かに楽ですが、それでは新しい知識を身につけて実力を大きく伸ばすことはできません。中学・高校のたった6年間がみなさんの将来の夢や希望に近づける大切な期間です。そして、そのための勉強は人から「やらされている」というものではなく、「将来の自分のために、今の自分を一生懸命磨いてるんだ」という意識を持たなければいけません。私達は、そのためにしっかり見守り、サポートを続け、面談などで励ましながら、学習することの大切さを教えます。そして、「生徒が自分の意志で学習をすすめることができるようにする」、これが私達の最終目標です。

 

☆各年度の生徒の「のびのび成績状況」をご覧下さい。

<2018年度> のびのび状況

<2017年度> のびのび状況

<2016年度> のびのび状況

<2015年度> のびのび状況

<2014年度> のびのび状況

<2013年度まで> のびのび状況