<2015年度> のびのび生徒達

☆2015年度のびのび生徒達 第1志望校合格おめでとう 

 <弘前高校16名、弘前中央高校3名、弘前南高校6名、私立高校専願3名、弘前工業高校1名、弘前実業高校1名>

 今年度の高校進学者の奮闘ぶりをほんの一部ご紹介いたします。

 (女子)中2の夏から入会。数学が特に苦手で、お姉さんが以前入会し弘前高校へ進学していたため続けて入会。学年50番前後で、中央高校もまだ厳しい状況。春の模擬試験では偏差値58.6となりようやく中央高校を射程距離にとらえてきました。3年になり総合コースに変更。全教科の成績もまんべんなく伸び、最後の学校の成績は20番以内、第3回全県テストでは偏差値が61.9となったことから急遽弘前高校へ進路変更!生徒もお母さんも勇気ある決断でした。第4回全県テストでも偏差値64.9となり順調に仕上がってきました。少し安心したせいか冬期模試で若干伸びが鈍化しましたが、毎週の成績表返却時の面談でサポート。大きく落ち込まず見事弘前高校合格してくれました。

 =(男子)塾の中でもとても遅い、夏以降の入会。同じ中学の生徒達が塾に来ていて、模試の上位3位までを独占したことを聞き、ぜひ自分も弘前高校にチャレンジしたいとやってきました。入会と同時に受けた全県テスト第2回では偏差値50.1で南高校でも危ない成績。第3回でも偏差値51.4とまだ芽が出てませんでしたが、11月からの「マラソンゼミ」で全教科の実戦訓練をして徹底的に得点できる力を養成。さらに、一番苦手で成績ので足を引っ張っていた英語を11月から「eトレ学習」で猛特訓するように指示し、毎日通って1年生の文法から始めて中学の英語文法を2ヶ月でやりこなしました。むかえた12月末の第4回の全県テストでは見事に偏差値61.5となりようやく弘前高校に手がかかり始めました。その後も「トライアルテスト」を重ねながら点が取れない単元を「eトレ学習」(この時期eトレフリー)で毎日演習。弘前高校に見事合格してくれました。

 =(男子)中2からの入会。部活が忙しく、大会が近いと授業も欠席がちで成績がなんとも安定して上昇してくれません。せっかく良くなったと思いきや中体連などで大きくブレーキ。それでもみんなと一緒に弘前高校に行きたいと中3からは少しずつ出席率も向上。春期模試では偏差値53.5と弘前高校をねらうにはぎりぎりの状態。夏期前の総合学力模試でも偏差値56.8とやっと中央高校レベルまで。部活も引退し夏期講習から本気で学習モードに入り、授業態度も一変。講習会明けの第1回全県テストでは偏差値64.5となりようやく手応えを感じはじめました。その後のテストでも、上がり下がりがとても大きい生徒なので心配しましたが、2月のトライアルテストの頃になると成績も安定、本人もこの頃になってやっと自信がついてきたようです。見事弘前高校合格です。

 ▽2015年度「第4回 青森県全県テスト情報」

 全県テスト第4回の結果集計です。毎年ですが、マラソンゼミで徹底的に実戦訓練するため、この時期になると理科と社会の得点が安定してきます。

<平均点差>
弘学館受験者
 
青森平均
平均点
国語
66.0
72.4
6.4
社会
60.5
77.3
16.8
数学
50.2
63.5
13.3
理科
57.6
73.7
16.1
英語
60.3
76.2
15.9
合計
294.6
363.0
68.4